マーケティングを学びビジネスを成功させる

>

成功に導くための実践として

インバウンドマーケティング

インターネットを活用したマーケティングは、多くの企業が取り入れている手法でもあります。
手間がかからない上に、必要とする顧客によってリサーチしてもらえるなど、マーケティングとしてはかなり効率的な手法であり、これからもその領域が拡大する可能性がある手法といえましょう。
インバウンドマーケティングでは、顧客の方から探し出してもらうことができるので、ビジネスを行う側としては自分達から無作為抽出の必要がありません。
加えて顧客の方からサイトを訪れてくれるので、サイト内の工夫だけで売り込みの必要がないのです。
こうして顧客とのつながりを大切にできるため、とくに一点集中での価値を提供するといったビジネス展開を狙う方には最適なマーケティングといえます。

広告型マーケティング

古くから持ち入れられてきたマーケティング手法でもあるマスマーケティングやダイレクトマーケティングといったマーケティングは、いわゆる広告式な手法によるものです。
例えばマスマーケティングとは、テレビやラジオ、また新聞や雑誌などのメディアを媒介として行われ、視覚効果を活用して認知やブランディングを図る効果があるとされています。
これは飲料水等でも大きな効果を生み、顧客はCMで流れる音楽を聴くと商品の購買意欲が助長されることがあるようです。
またダイレクトマーケティングに関しても、専門のショッピング番組などが注目されますが、こちらはレスポンスやコンバージョンといった効果を期待できます。
いずれも不特定多数に向けて発信されるものであり、その価値を求める人以外にも送られることで、新たな顧客を発掘する効果も期待されます。


TOPへ戻る