マーケティングを学びビジネスを成功させる

>

ビジネスを成功に導くには

販売とマーケティングとは

マーケティングという言葉は一見、サービスの提供や物販の販売などの活動を意味するように見えますが、実はそうではありません。
例えばマーケティングに関する様々な著書を出す著名な経営学者のピーター・ドラッカーは、マーケティングの目的について、販売を不要にすることと説明しています。
また同様に有名な経営学者のフィリップ・コトラーも、マーケティングと販売は、ほとんど正反対といえる活動であると表現している程です。
マーケティングというと、サービスや販売目的の商品をどうやって顧客に売るか、また売り込むか等を考えるものと思いがちですが、著名な学者たちがこのように表現しているとおり、マーケティングは販売とは真逆の立場にあるものと考えるべきなのです。

売り込まなくてもいい

マーケティングとは販売と真逆にあるものですが、ではマーケティングとは何なのか。ビジネスを成功させるためにはマーケティングは必要不可欠ですから、ここはしっかりと把握しておきましょう。
ビジネスを成功させるには、対象となる顧客が求めるものや事柄を把握しておくこと、またその求める理由を理解しておくことが欠かせません。
この求めるところを価値とするなら、その価値を創造すること、そしてその創造力を活用して、売り込みなどの活動を行わずとも売れる状況が必要です。
つまりビジネスを行う側が動かずとも、その価値を顧客が求めに動く状態を作ることで、ビジネスは成功します。
そしてマーケティングとは、この価値を顧客が理解して求める、また購入したいと思うような仕組みを作ることをいうのです。


TOPへ戻る